未分類」カテゴリーアーカイブ

大人女性のチェック柄スカート

秋冬の定番アイテムに、チェック柄のスカートがあります。中でも今季は、チェック柄のタイトスカートがトレンドです。

チェック柄はフレアスカートに映える柄ですが、同じくらいタイトスカートにもマッチする柄。さらにタイトスカートはフレアスカートに比べ、大人っぽくこなれた印象のアイテムなので、大人女性にぜひオススメしたいのです。
タイトスカートといえば、膝上のミニ丈を思い浮かべる方もいるかと思いますが、今季のトレンドはロング丈。足首の細さが強調される形状なので、下半身の着膨れが気になる女性にもオススメです。
チェック柄のタイトスカートとの組み合わせで、最もオススメなのは黒のニットです。チェック柄のタイトスカート×黒のニットという組み合わせは、コーディネート全体がキリッと締まって見えますし、主役のチェック柄が映えるため華やかさも失われません。
淡い色のトップスよりも大人っぽい印象のコーディネートに仕上がるため、まさに大人の女性にピッタリの組み合わせなのです。チェック柄のタイトスカートの色や柄は、一見派手に見えても、着てみると案外落ち着いた印象になる場合も多いです。
そのため、まずは試着して、どのように見えるか確認してみてください。

着痩せしたいならチェック柄!

秋冬コーデといえばチェック柄♪チェック柄のアイテムを加えるだけで、ぐっと季節感がでます。しかもチェック柄には着痩せ効果もあるという、女性にとっては嬉しいファッションです。

ではなぜチェック柄に着痩せ効果があるのか?疑問に思う人もいると思います。チェック柄は無地のアイテムと違い、大きいサイズの大人可愛い着痩せコーディネートがぽっちゃり女子に人気にメリハリをつけてくれます。
特にはっきりとした色目のものを使うとその効果はテキメンです。特に今季の流行カラーといわれるパープルを取り入れると、よりレディースファッションで大人が上品な服をオシャレ感がアップします。
チェック柄と一言にいっても、大柄から細かなチェックまで、サイズは様々です。またチェック柄をトップスにもってくるのかボトムスにもってくるのかによっても着痩せ効果は違ってきます。
上半身のボリュームが気になる人は、トップスに大きめのチェック柄をもってくるとよいでしょう。上半身は比較的目につきやすい場所なので、目立たないように無難な無地やシンプルな柄を選びがちですが、はっきりとした大ぶりなチェック柄をあわせることで膨張して見えるのを防いでくれます。
また、下半身のボリュームが気になる場合には、比較的小さなチェック柄を選びましょう。濃いめの色味をあわせることで、引き締まって見える効果が期待できます。

このように、オシャレアイテムであるチェック柄を活用して、秋冬のオシャレを楽しみましょう!

トレンドニットの選び方とコーデ

ニットは着まわしやすく、秋から冬にかけて重宝です。カラーもデザインも豊富で、自分を演出できる1枚を見つけることができます。

新しい1枚をこれから用意する時、おすすめのニットはホワイトです。ふんわりしてシンプルなデザインのものが、着まわし度が高くなります。
スカートもパンツも色々なカラーと合わせられます。今年の秋冬のトレンドはブラウン。上にホワイトを合わせれば、シックな印象が際立ちます。流行色を強調したいときは首まわりにブラウンのスカーフをあしらいます。シンプルなニットなら、スカーフを華やかに巻いてもうるさくなりません。スカーフの巻き方をシチュエーションに合わせて楽しめます。
大人の女性の甘やかさを出したい時はプリーツスカートを合わせると良いでしょう。元気な感じの人にはマスタードがおすすめです。マスタードは秋冬に人気が高いカラーです。暖かな印象のマスタードはホワイトのニットと合わせると、すっきりした印象を強めます。
大人の女性の品格を強調したいときにおすすめなのがホワイトで上下を統一するコーデです。清潔感が際立ち、男性の好印象が得られます。凛とした印象を加えたいときは、小物にブラックを使いましょう。

秋冬ロンTの重ね着大作戦

この秋冬の便利な重ね着のアイテムは白のロンTです。ロンTのは着回しが利いて、着やすいアイテムです。薄めのたるんと柔らかい生地のロンTを着膨れすることなくおしゃれに重ね着ができるのが嬉しいです。
私のおすすめはロンTの上に淡いカラーニットを着たりベストを合わせたり、チェックブラウスを重ね、ブラックスキニーで締めるコーデです。淡いカラーの重ね着も濃いカラー重ね着も、白のロンTは清潔感と体型カバーに貢献してくれます。
丈が長いので一見だらしなく見えがちなアイテムですが、ボトムスの形、色、靴のタイプで引き締めることが大切です。スキニーではなく、ゆるゆると優しい生地のパンツなら白っぽい色で足首を覆う長めのものにすると統一感が出ておしゃれ上級者見えします。
ロンTとスカートの組み合わせでは、ロンTの上に短めセーターやタートルネックを合わせたり、腰の位置を高く見せることでロンTの長い袖を際立たせ、可愛く見えると思います。まとめると白ロンTに重ね着するのは、丈短めのもの、タートルネックなどたてのラインを強調できるもの、ボトムスやスカートでバランスを取りながら締めることです。
生地の薄さで野暮ったく見えず縦のラインで細く見え、重ね着するアイテムで様々な印象を与えてくれます。

体型かくしに便利な秋冬の重ね着

夏が終わり、季節は秋になると暖かかった気候もだんだん秋めいて涼しくなってきます。この季節の変わり目は、洋服のチョイスもなかなか難しいものがあります。
昼間は暖かかったのに、日が落ちると急に肌寒さを感じるのが秋です。そんな秋にはカーディガンなどの重ね着しやすいアイテムを持っておくと便利です。
そのほかにも、スカーフや、上から肩にかけて暖かくなる大きめのスカーフなどがあるとお洒落な上に体温調整にもなります。

重ね着をする時のポイントは、上に着るトップスと下に着るトップるのサイズを考えること。下のトップスは、なるべく自分の身体にぴったりのものを、上に羽織るものはワンサイズ大きめにしておくことです。なので、トップスのサイズがMサイズならば、上に羽織るものはLサイズといった風に、どこに着るのかでサイズを変えて購入することが、重ね着をする場合には必要な工夫となります。
また商品やブランドによっては作りや、使っている生地、シルエットなどで、着た時の見栄えが変わるものもあります。なので、必ずサイズ確認をしてから購入するのがおすすめです。
一枚で着るものであればまだしも、重ね着をするのであれば、尚更試着をしてみてサイズ感に拘ってみると、綺麗に着ることができておすすめです。

秋におすすめ重ね着コーデ

秋のファッションに取り入れておいて損がないのが、重ね着コーデです。ただ、どんな組み合わせをすれば良いのか分からないという人もいれば、重ね着をすると野暮ったくなってしまうと悩む人もいるでしょう。
そんな重ね着に関する悩みを解消してくれるアイテムの一つが、裾の部分にラウンドカットを取り入れたロンTです。しなやかなロンTは、上にシャツやトップスなどを重ねても、嵩張ることがなくスッキリとした印象を与えることができます。
さらに、裾が長くラウンドカットになっているロンTは、少し短めのトップスを重ねた時の印象がとても上品なものとなります。40代50代になり体型が気になる人は、お尻周りなど気になる部分のカバー効果も期待できるので、1枚持っておいて損がありません。丈が長めのロンTは、シャツワンピースやロングカーディガンとの組み合わせにも最適です。
同系色のシャツワンピを選ぶなど、色選びを工夫すれば若すぎず上品な印象に仕上げていくことができるでしょう。ロンTをベースにするのはカジュアル過ぎるのではないかと感じる場合は、ネックレスなどの小物を活用することがおすすめです。派手過ぎないネックレスを一つ追加するだけで、華やかな印象に仕上がります。

細見えチュニックは落ち感が大切

お腹が気になる40代50代女性は、お腹を隠せるチュニックが魅力的です。しかし選び方を一歩間違えると、お相撲さん状態になってしまいます。
お相撲さんにならないチュニックの選び方のポイントは、落ち感です。チュニックの肩部分から裾の一歩手前まで、滝が流れ落ちるような真っ直ぐのストンとした雰囲気があると、細見えします。縦ストライプやシャーリングが縦に入った素材でも良いです。
とにかく上から下に自然と視線が流れる、落ち感のあるデザインが細見えに欠かせません。落ち感があれば、裾がボリューミーデザインでも細見え効果があります。逆にデザインは裾や襟ぐり勝負と言っても過言ではありません。
襟にビジューのあるデザインなら上品で、お顔を華やかに彩ってくれます。襟周りがシンプルでも、ネックレス等アクセサリーで華やかにすることも可能です。裾に大胆なワッフルやレースがあると、大人の可愛らしさやオシャレ感が出せます。
お腹あたりでカラーがブロッキングされているデザインは細見えに逆効果なので、避けた方が無難です。また、胸やお腹にインパクト抜群の模様があると、落ち感の流れが止まってしまいます。流れはせき止めず、襟と裾のオシャレでチュニックを楽しみましょう。

ぽっちゃり体型を可愛く見せる

ポッチャリ体型に着やせテクニックは、かなり重要です。着やせ効果は、ファッション誌でも紹介されていますが自分の骨格にあった着やせテクを知っているだけで着やせアイテムは変わります。

例えば、上半身ポッチャリ体型でしたら、襟がVネックや襟元にポイントをおくだけでも印象は変わります。チュニック丈のTシャツなどを取り入れる時は、カーディガンを肩巻きにするなど派手なカラーで目を引くのも着やせポイントです。

下半身は細身のタイプのポッチャリ体型さんですから、スカートでも脚を出せるミモレ丈やパンツもアンクル丈がおススメです。他のタイプのポッチャリ体型さんと共通しているのはIラインの強調です。
相性の良いアイテムはロングカーディガン、ワンピース、重ね着風アイテムです。羽織るだけでIラインを強調できるのでロングカーディガンもワンピースも前開きで着ましょう。重ね着風のチュニックでスッキリ見せることもおススメです。
他にも体型カバーで使えるアイテムは多く今季流行のティアードブラウスやティアードチュニックは秋にも継続して流行します。ふんわりしたシルエットなので着ぶくれを心配する人も多いですが、色やティアードの入り方によって着やせ効果が抜群にあります。

お腹周りをスッキリ見せる秋のボトムス着こなし

夏から秋にかけて薄着からだんだん羽織るものなどファッションを楽しむ季節になってきますね。今回は気になるお腹周りを綺麗に見せるボトムスと着こなし術をご紹介したいとお思います。

今年はグリーンカラーがトレンドになってきており、比較的色味も発色がよくボトムスに持ってくると視線が足元に行きやすいのでお腹周りや短足さんで足が気になる方には良い傾向と言えます。
ですがやはり若い子のファッションのようにスキニータイプのボトムスやラインが出やすい物は避けないと痛い格好だと思われてします。
特にお勧めしたいボトムスの形は動きが出やすいプリーツ多めのスカートやスカンツのようなAラインを出しやすいボトムスが40代から50代には穿きやすく挑戦しやすい物だと思います。
そこでトップスはゆったり目ではなく少したいとめかジャストを持ってくるとバランスよく体型も十分カバーすることができます。ボトムスのカラーは先ほど言ったようにグリーンなどの発色の良いものを穿きトップスは黒や白のような大人のシックでまとめると大人っぽさや色気を出すことができます。
ボトムスの形に関わらず同系色や白のような膨張色を下に持ってきてしまうと下っ腹が盛り上がったり全体的な体型が露呈しやすく痛いファッションになるので気をつけてください。

ぽっちゃりさん向けアウター選び

秋はまだまだ日中は暑いけれど夜になるとちょっと冷えてきたり、日によっては急に肌寒くなったりと気温差があり服装に困ることが多い季節です。
そんな秋の寒暖差にはサッと羽織れる薄手のアウターがおすすめですが、ここでぽっちゃりさんが気をつけたいのが着膨れしてしまうこと。
着ぶくれする原因の一つにアウターの生地の質感があります。柔らかく薄手の生地はサッと羽織るのにとても便利ですが、身体のラインを拾いやすくぽっちゃりお強調してしまう危険があります。そこでリネン素材など少しハリ感のある生地を選ぶことで、身体のラインを拾わずに綺麗なシルエットで着ることが出来ます。

また、下半身が気になる人は膝からくるぶしくらいまでのロング丈のものにするとストンと真っ直ぐなIラインのシルエットになり、よりすっきり着こなすことが出来ます。薄手でちょっと長めのトレンチコートなんかはとてもおすすめです。短めの丈がいい場合にはデニムジャケットのようなしっかりと形が決まっているものを選ぶと気になる二の腕をカバーすることが出来ます。
また、この場合丈は腰骨辺りまでを目安にするとすっきりとした印象になります。ぽっちゃりさんがアウターを選ぶときには、丈感と身体のラインを拾わないハリのある素材を意識することがポイントです。