投稿者「ja4ex6」のアーカイブ

フランスマダム×マリンスタイル

今夏、40代50代女性はフランスのマダムをお手本にした「マリンスタイル」を取り入れてみてはいかがでしょうか。
フランスのマダムは、カジュアルになりがちなボーダー柄のTシャツもエレガントに着こなしています。ボーダー柄のTシャツは夏でもあえて長袖をチョイスし、ロールアップして手首を見せればスッキリした印象になります。
ドルマンスリーブで体のラインを出さず、首元にはシルクのスカーフを巻いて、エレガントな印象にします。パンツは白デニムをチョイスし、足首は出すことで着痩せ効果があります。
さらに、ウェッジソールのサンダルを合わせることでスタイルアップになります。これは、シルエットを意識することで、カジュアルになりがちなボーダー柄のTシャツであっても、印象がガラリと変わります。
小物選びも重要です。小物は、サンダルに合わせた麦わら帽子とマルシェカゴバックを合わせてみましょう。こうすることで、素材が涼しげな印象をプラスし、より一層、コーディネートを上品に仕上げます。
このような、シルエットや素材を意識したコーディネートで、「マリンスタイル」を取り入れれば、カジュアルになりすぎない素敵なフランスマダムの出来上がりです。

オフィスカジュアル春バージョン

上下揃ったスーツで働いていた頃も通り越した大人女性だからこそ、オフィスファッションでも季節を感じるコーディネートを心がける人も多いのではないでしょうか。
通勤の際は、まだ肌寒い季節でもあるので薄手のコートはマストで必要です。白やベージュの薄手コートは、インナーの色を選ばないので使いやすいアイテムです。
露出の少ない洋服、迷彩柄やアニマル柄などの派手な色柄物を選ばないことは常識ですが、油断しがちなのが胸元の開きがあるトップスです。前かがみになった時に胸元が見えない物を選びましょう。
カラーは、春らしいパステルカラーや定番色の白、黒、紺は合わせやすく取り入れやすいです。キレイ目に仕上げたい時は、テーパードパンツを選ぶとスタイリッシュな女性の印象です。
ロングのプリーツスカートなどを取り入れるとカジュアルなオフィスカジュアルファッションで優しい雰囲気を演出できます。ガウチョパンツは、キレイ目でもカジュアルにも取り入れやすいので春のパステルカラーで取り入れてみても良いでしょう。
オフィスファッションで、気を付けたいポイントはアクセサリーは小ぶりな物、パンプスのヒールが高すぎないことも注意した方が良いでしょう。

40代50代女性にお勧めの春のカジュアルコーデ

春が近づいて日差しが長くなるにつれて、新しい季節にふさわしい服がほしくなって来ます。しかし若い時はともかく、40代50代ともなると、洋服選びもいくらか気を付けたいものです。若い時とは体型も違って来ますし、また肌もくすみがちになります。
若い頃はピンクが似合ったのに、今は似合わなくなったという人だっているでしょう。またコンサバに偏ってしまうと、年齢以上に老けた印象を与えかねません。
そのためにも決め過ぎることのない、ほどよいカジュアルな服装がお勧めです。白やオフホワイト、生成りなどの色をトップスに持ってくることで、顔が優しく見えます。
もちろんパステルカラーもいいでしょう。ただしこの場合はピンク系より淡いブルーやグリーンなどが、適度にしまった感じでしかも爽やかさがあります。またカジュアルと言っても、上から下までカジュアル路線で統一すると、どこか年齢とそぐわなくなって来ます。
女性らしく柔らかく崩してみましょう。たとえばブラウスをパンツの上にオーバーに着てみたり、シャツやデニムに柔らかめのスカートを合わせたりすることで、40代50代にふさわしい雰囲気が生まれて来ます。
それから濃い目の色をトップスに持ってくると、顔が寂しく見えることがあります。濃い目の色を持って来たい時は柄物にするとか、柔らかい色のニットやジャケットを組み合わせるようにしましょう。

丈と色に注目して春を楽しむコーデ。

低身長のぽっちゃりさん女性のファッションで気を付けることはまず丈です。ロングスカートやシャツワンピなどは着こなしが難しいので、引き締める色を使ったり小物で調整することが大事です。

さらにぽっちゃりさんは体型を隠そうとするあまり、ぶかぶかのオーバーサイズを選びがちですが身長が低いと子供っぽくみえるだけでなく、だらしなく見えてしまいます。バランスも難しいので気を付けなくてはいけません。どんな服でもまず丈に注意する必要があります。
着丈だけを気にする人が案外多いですが、必ず袖丈も気にしましょう。まず着丈は低身長の場合、どうしても長くなりがちです。デニムでコーデした時に少しブラウジングできるくらいの丈が良いです。セーターでもブラウスでもそうです。着丈が3センチ長いだけで急に老けた印象、重い感じになるので試着した際に近くからと靴を履いて遠目から客観的に確認してみてください。

そして春なので軽い爽やかなカラーを着たいものです。柔らかな色を身にまとうと気持ちまでほぐれます。その中で一か所アクセントをつけてみると素敵な着こなしになります。ダークカラーのスカーフをバックの持ち手に巻いてみたり、首から肩にかけてにキュッと巻いてみたり、ベルトをして腰の位置を高くみせます。足が長く見えるのでおすすめです。

レディース冬春の万能アイテム

冬の寒さを防ぎつつ、春の気配を先取りできるのがパンツスタイルです。パンツはかっこ良くキメることも、華やかに装うこともできます。
何かのちょっとしたお呼ばれには鮮やかパンツがおすすめです。白トップスを組み合わせると、上品で華やかな装いになります。
足もとをショートブーツでまとめると、甘すぎない感じになります。春を先取りしたいときは、ヒールにするのがおすすめ。ヒールを合わせると、パンツのシルエットのキレがよくなります。
ビジネスシーンにも使えるのが黒パンツです。黒パンツは、トップスの組み合わせも多様な万能アイテムです。黒パンツのコーディネートでは白の使い方が大切です。
白シャツを合わせるときは白シャツから黒タートルをちらりと見せましょう。大人の装いになります。黒パンツにはボーダーも相性抜群です。
抜け感が出ます。黒パンツになじんできたら、白い靴にトライしてみましょう。黒パンツと白い靴の組み合わせはおしゃれ上級者です。春の気配が感じられる頃のコーディネートとしておすすめです。
春の気配を先取りするには、トップスの光沢感を大切にしましょう。光沢感のあるトップスを身につけると、軽やかな雰囲気が出ますし、気分も上がります。

淡色アイテムは「トップス」に絞る!

ぽっちゃり女子向けの淡色アイテムを使ったコーデには、以下のような物があります。

「ニットベストをとり入れる」!
ニットベストは、シャツやブラウスの他、ワンピースに重ね着することもできます。フリルをあしらったタイプであれば、甘い印象を与えることもできます。

「ミニハイネックワンピースをとり入れる」。ミニハイネックのワンピースは、大人可愛い感じを出すことができます。髪をアップにすれば、小顔にも見せられます。さらに、シュシュなどを使って韓国っぽいヘアアレンジにしてみるのもよいでしょう。

「チュニックワンピースをとり入れる」。チュニックワンピースは丈が短めなので、そのまま着ても良いですし、ボトムスを合わせることもできます。ニットベストを重ね着したり、プリーツパンツを合わせてみても良いでしょう。

「スクエアネックのブラウスをとり入れる」。スクエアネックには、首元や胸元をすっきり見せる効果があります。ボトムスはタックインすると、こなれた感じの着こなしになります。

「ショート丈のトップスをとり入れる」。ショート丈のニットや、ショート丈のスウェットは、重ね着に使いやすいアイテムです。シャツなどと重ね着するだけで、ワンランク上の着こなしに見せることができるのでおすすめです。

大人女子のシャツワンピコーデ!

「シャツワンピースコーデ」と聞くと、とにかく難しいものと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。特に大人女子については、抵抗を感じる人も少なくないかもしれません。でも、上手に活用することができれば、オシャレの幅を一気に広げることも可能です。
そして、周囲からはオシャレ上級者として一目置かれる存在になるでしょう。大人女子がシャツワンピースコーデに挑戦する場合、過度に控えめにならないように注意することが大切。
「若く無いから」などと自らのファッションに対して否定的になる人は少なくありません。ファッションでも、経験豊富な大人女子にはストライブシャツワンピースがオススメ。特にホワイトカラーを基調にしたタイプなら、オールシーズンの着用が可能となります。
着こなしのポイントとしては、身体にピッタリとフィットするものでなく、ゆったり感を出すことです。そのルーズな印象こそが大人女子の魅力をアップさせることにも繋がります。
シャツワンピースコーデでは、他のアイテムとのバランスも重要。同系色で統一することで、見栄えが一層良くなります。スタイリッシュさを求めるなら、デニムやスニーカーとのコラボレーションも悪くありません。

綺麗めコーデの大人女性とは

綺麗めコーデに仕上がる冬アイテムは、大人女性にとって重要なポイントになります。特に女性らしい雰囲気をさりげなく出すことも大切になり、今年の流行アイテムは、ビッグカラーや大きめリボンのデコラティブなアイテムを活用した洋服がトレンドになっています。
深みカラーのグリーン、マスタードイエローが多く、ロングブーツも人気があります。ロングブーツを取り入れることで、上下のバランスを上手に保つ事が重要になり、ショート丈のコートを組み合わせることで、下半身がスッキリ見えます。
ショート丈のコートは、中に着る洋服のデザインが隠れないのも魅力的なので、チラっと見せることができ、可愛らしい女性の雰囲気を演出できます。また、大人女性はジャケットを羽織ることで、だいぶ落ち着いた仕事ができる女性を演出することができます。
紺色のジャケットには淡いピンクのシャツやタートルを着ることで、甘い女性らしい印象になります。ツイードアイテムなど持っていると便利で、フォーマルやカジュアルなど、幅広く利用することができるため、色んなシーンで活躍する場があります。パンツやスカートなど、組み合わせも自在にでき、綺麗めコーデの冬アイテムとして活用できます。

手軽にできる重ね着コーデ

メイクやヘアセット、朝食やお弁当作りなど、女性の朝は何かと忙しいものです。そんな忙しい中でも、手軽にお洒落なファッションを楽しみたいという場合は、フェイクレイヤードアイテムの活用を考えてみると良いでしょう。

まるで重ね着をしているかのように異素材を組み合わせたフェイクレイヤードの特徴は、おしゃれに見えるように計算し尽くされていることです。手持ちのアイテムで、レイヤードコーデをする場合、なかなか理想通りのコーディネートにならないことは珍しくありません。
それに対し、フェイクレイヤードは一番綺麗に見える形で、素材が重ね合わされているため、細かいことを気にしなくてもファッション上級者のような印象を与えることができます。そんなフェイクレイヤードであれば、忙しい朝でも手軽に魅力的なコーディネートに仕上げていくことができるでしょう。

もう一つ、フェイクレイヤードを取り入れるメリットが、着崩れの心配がないことです。着替えた直後は勿論、一日中着ていても着崩れることがないフェイクレイヤードであれば、だらしない印象を与える心配がありません。朝忙しいという悩みを少しでも緩和したい場合は、手軽にお洒落なコーディネートが楽しめるフェイクレイヤードの活用を考えておくことがおすすめです。

顔周りとシルエットには要注意!

冬というと、黒やグレー、深緑などの暗めの色を顔周りに持ってくる人も多いのではないでしょうか。
確かに、秋から”くすみカラー”と言われる茶色や抽象的なオレンジや黄色などボヤッとした色味のものが流行しています。もし、暗めのタートルネック等を着るならば、せめて明るいマフラーやボトムスと組み合わせるべきです。そうすることで、中高年くさいファッションではなくおしゃれな服装になります。
また、ピンクや赤などのバッグを持つことも華やかになるので良いですよ。とにかく、頭から足の先までで一色は明度が高いアイテムを使うべきだと思います。

さて、もうひとつシルエットも重要です。最近は、ダボッとしたゆるいラインの服装が流行っています。しかし、これも40代・50代の場合は自分の体型と擦り合わせてコーディネートするのが良いと思います。
例えば、スレンダーや痩せ型ではない人がこれを着たらどうでしょう。掛け布団を被っているような印象になるのではないでしょうか。
どうしてもゆったりしたシルエットのアイテムを合わせたい場合は、ボトムスのジーンズやスカートをタイトにしてみましょう。
ワンピースなど全体がダボッとしている場合は、上着やマフラー、ブーツ等をカチッとした暗めのものを合わせスッキリさせると良いですよ。
このように、40代・50代の服装は色味とシルエットに気をつけて楽しんではいかがでしょうか?