2019年のレディース秋服のおすすめ

こんにちは。皆さんは秋服をもう意識したお買い物をされていますでしょうか?8月はまだまだ暑いです。秋はまだまだ先だと思われているあなたは「要注意」です。ファッション業界ではもう「秋は始まっている」のです。先取りファッションに乗り遅れないおしゃれな自分を演出するポイントをご紹介しましょう。この秋のおすすめ派は「パープルのカラー」と「ワンピース」です。秋と言ってもまだまだ残暑は厳しい状態です。この暑さの中秋のファッションを楽しむには「色で秋らしさを演出」するのがポイントですね。今年の秋の流行色はなんといっても「パープル」です。秋特有のマスタードやベージュ、ブラウンの色に加えて「パープル系」の色を今すぐに取り入れてみましょう。夏服の中にさりげなく落ち着いたパープル系のアイテムをオンすることでかなり「秋を意識させたファッション」に変えることが出来るはずです。さらに、暑い時期から取り入れやすいのが「シャツ素材のワンピース」なのです。ひらひらふんわりと秋色ワンピースを着こなすことで「暑くてもエレガント」に秋カラーをまとめて取り入れることが出来るでしょう。まだ「夏服だけで大丈夫」と思われている方。早めにお気に入りの秋服をチェックすることをおすすめします!

ゆるっとスタイルで細見え

下半身の太さはとても気になるものですが、ファッション次第ではそんなに気にしなくて済む方法もあるのだと思います。例えば、下半身のスタイルの直接響きにくい格好です。スキニーパンツのような、細身のデザインならば、あからさまにスタイルが出てしまうので、避けたいところです。おすすめなのは、ボーイフレンドジーンズや、テーパードパンツのような、程良くゆとりのあるデザインならば、逆にスラッと見えるのでは!?と思います。また、今はすっかり定番となったワイドパンツやガウチョも、ゆとりのある幅広いデザインが、逆にゆとりを感じさせ、下半身のカバーに適していると思います。またスカートスタイルでは、丈が短いものや、タイトなデザインは避け、ロングスカートがおすすめ出来ると思います。パンツ以上にスカートは体のラインを直接拾わないので、ゆるっとカバーしてくれると思います。また、一枚で楽ちんに着られるロング丈のワンピースも、とても頼もしいアイテムだと思います。一枚で縦のラインが強調されることで、とても細見えには有効なアイテムでしょう。この様に下半身カバーには、細く見せようと細身のデザインを選ぶのではなく、ゆるっとしたスタイルを取り入れることで、カバーに繋がるのだと思います。

体型が分かりにくい服装

私は下半身カバーのために、できるだけ体型が分かりにくい服装を心がけています。なので、腰からお尻、さらに脚にピッタリフィットしたボトムスを買うことはほとんどありません。かといって、ダブつき過ぎるのもかえってだらしなく見えてしまうので、ほどほどのゆとりのあるものを選んでいます。もともと下半身が太い方なので、ゆとりがあると思って選んだボトムスを試着してみると、ピッタリしすぎることがあります。細めのデザインされているボトムスは入らないこともあるので、そういう服は最初から諦めて穿かないようにしています。どんな服でも、下半身カバーを気にせずに穿くためには、やはり自分の体型を変えていくしかないと思います。とはいえ、それはかなり大変なことですし、今までも何度も失敗をしているので、やはり服装でカバーしていくしかないと思っています。ですが、下半身カバーをしながら、できるだけ引き締まった脚を作っていきたいです。私は太ももも気になりますが、一番気になる部分はふくらはぎです。なので、なるべくふくらはぎが見えないような服を選んでいます。そのためスカートの場合はかなり長くなりますが、その分、動きにくくなってしまいます。なので、どうしてもゆとりのあるパンツやデニムを選ぶことが多くなってしまいます。